母と子の外来/女性外来/心療内科/漢方・ホメオパシークリニック(茗荷谷駅スグ)
〒112-0012文京区大塚3-1-10ラ・ネージュ小石川206号
TEL/FAX 03-5976-3065
漢方・ホメオパシー

えなのさとクリニック

学びの場

歯のお話・その①

こんにちは
今回は歯のお話です。

お口の中の健康は、体全体の健康につながる。
そう、意識される方は少ないかも知れません。

虫歯や歯周病、また歯に詰めた金属などが口の中にだけに留まらず、
体の様々な不調の原因を招いていることがあるのです。

歯の状態は、体に大きく影響を与えていることになります。

■虫歯と歯周病
まず、身近な虫歯と歯周病について簡単に説明いたします。

歯の表面には体の中で一番硬いエナメル質があります。
そしてその内側に象牙質、中心には歯髄という組織があります。
歯髄の中には神経と血管が通っています。

エナメル質には神経はないので、エナメル質までの虫歯は痛くありません。
虫歯が象牙質に達すると象牙質にある象牙細管という管を通して直接刺激が歯髄に伝わり
歯がしみたり痛みが生じます。

歯質を溶かす原因となる『酸』は、虫歯菌と糖により発生します。
歯はこの『酸』がとても苦手で、この『酸』によって、エナメル質の内部から
歯の成分であるカルシウムやリンが溶け出します。これが虫歯です。

また歯周病は歯肉や歯槽骨など、歯を支えている組織に炎症が起こる病気です。
軽度では歯肉が腫れ出血し、さらに進行すると歯槽骨が溶け始め
歯と歯茎のポケットが深くなっていきます。

重度となると歯肉は真っ赤に化膿し、歯槽骨が破壊され、
最後には歯がグラグラになって抜け落ちてしまいます。

img0492
(歯の断面図)

■歯垢について
虫歯や歯周病の原因としての多くは
プラーク(歯垢)や歯石がたまることでなります。
歯垢とは食べかすのことではありません。
細菌のかたまりをいいます。

歯垢のなかに虫歯菌や歯周病菌も含まれます。
口の中の細菌は、食事などの糖を餌に歯垢をつくりだします。

歯垢は歯ブラシで上手に歯磨きすれば落とせます。
更にフロスや歯間歯ブラシなどを使って除去します。
歯垢を作らない習慣を作ることは、虫歯や歯周病を防ぐことに繋がります。

コメントは受け付けていません。