母と子の外来/女性外来/心療内科/漢方・ホメオパシークリニック(茗荷谷駅スグ)
〒112-0012文京区大塚3-1-10ラ・ネージュ小石川206号
TEL/FAX 03-5976-3065
漢方・ホメオパシー

えなのさとクリニック

学びの場

オイルのお話

こんにちは☆
えなのさとクリニック公式ブログ管理人です♪

健康や美肌に効果があると、オイルが話題になって久しい昨今です。
お店には様々な種類のオイルが棚に並ぶようになり
消費者の選択肢も増えました。

今回はオイルの役割や効果などについてのお話です☆

■オイルは体に必要?
オイルは人間にとって必要な栄養素のひとつです。
細胞膜をつくる、といったような
体をつくる上で重要な役割も果たしています。
細胞膜は細胞のひとつひとつを区切る仕切りのようなもので、
脂質なしに細胞はつくれません。
良質なオイルを適量日常に摂ることで
美肌や健康によい効果を与えます。
逆に悪いオイルを摂り過ぎてしまえば、
体にとって悪い影響を及ぼします。

■オイルの種類
オイルの種類には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」とあります。
「飽和脂肪酸」は動物性脂肪の肉や乳製品、またパーム油や
ヤシ油、ココナッツオイルなど熱帯植物に多く含まれており
常温では固体で融点が高いため、人間の体内で溶けにくいのが特徴です。

「不飽和脂肪酸」は植物や魚などに含まれ、常温で液体で
融点は低く人間の体内では溶けやすくなっています。
「不飽和脂肪酸」は
オメガ9(オリーブ油・キャノーラ油等)
オメガ6(コーン油・菜種油・サラダ油・マヨネーズ等)
オメガ3(えごま油・亜麻仁油・青魚・くるみ等)
と分類されます。

また「トランス脂肪酸」も「不飽和脂肪酸」になります。
これはマーガリンやショートニング、またそれらを原材料にしたパンやケーキ
洋菓子、お菓子、揚げ物などに含まれています。

■摂った方がよいオイル・摂らない方がよいオイルとは?
一番よいとされているのはオメガ3です。
青魚などに多く含まれるEPA、DHAは
血液をサラサラにし悪玉コレステロールを減らし
同時に善玉コレステロールを増やす効果を持ちます。
ただしオメガ3は酸化しやすいので、保存に注意しながら
早めに使い切ることがポイントとなります。

オメガ9は逆に酸化しにくいので炒め物など加熱調理になどに向いています。
オリーブオイルなどを使用しましょう。

オメガ6は現代人が一番摂取しているオイルと言われています。
必要な脂質ではありますが、摂りすぎると炎症物質が体内で作られ
体に悪影響を及ぼすので注意が必要です。
オメガ6過多の食生活はアトピーや花粉症などをアレルギー症状を促進させます。
意識的にオメガ6は摂らないようにするくらいがちょうどよいでしょう。

また体にとって好ましくないとされるのはトランス脂肪酸です。
悪玉コレステロールが増え動脈硬化や心臓疾患を招きます。
アメリカでは心臓疾患が死因の第一位と深刻化しており
このトランス脂肪酸の摂取量の多さが問題となりました。
現在ではトランス脂肪酸の発生源である「部分水素添加油(PHOs)」の使用は
禁止されています。
なるべく摂らないようにしましょう。

■オイルを上手に取り入れて♪
オメガ3を積極的に摂取し、トランス脂肪酸やオメガ6をなるべく避ける
といった食生活が健康や美肌を保つ秘訣となるでしょう。
以上のことを意識するだけでも
オイルが体にとって有効な働きをしてくれると思います。

コメントは受け付けていません。