皮膚科/漢方/代替療法/女性外来/アレルギー相談/フラワーエッセンス/ホメオパシー
<茗荷谷駅すぐ>〒112-0012文京区大塚3-1-10ラ・ネージュ小石川206号
TEL/FAX 03-5976-3065
漢方・ホメオパシー

えなのさとクリニック

新着の日記

冷えは万病のもと ~夏は冷えを解消するチャンス~

いよいよ本格的な夏がやってきました。

冬だけでなく、夏に“冷え”で困っているという人が増えています。

夏にも冷えの原因がたくさん潜んでいます。

 

夏の冷えの原因

①エアコン

エアコンを使用すると室外と室内の温度差が大きくなり、体温を調節する自律神経が乱れ冷えの原因になります。

 

②冷たい飲み物や食べ物が増える

夏の野菜や果物は体を冷やすものが多くなります。

エアコンの効いた所で冷たいものを食べていると、お腹、つまり体の中から冷えてしまいます。

水分の過剰摂取も増えます。むくみによる冷えの原因になります。

冷たい飲み物の飲みすぎは特に問題です。

 

③入浴をシャワーだけで済ますことが多くありませんか?

シャワーだけでは体が温まらず、血流が悪くなってしまいます。

 

④ダイエット 運動不足

女性の中には、水着や夏のおしゃれのために無理なダイエットをする方もいます。

また、暑くて運動不足にもなりがちです。

運動せずに食事を減らすと、筋肉が減ってしまい、冷えに悩まされることになります。

 

冷えの対策

今はどんどん“冷え”が生じやすいい生活スタイルになってきています。

日ごろから身体を温めることを意識して生活していないと、どんな人でも“冷え”になる可能性があります。

衣食住の生活習慣の中で、冷え対策を心がけましょう。

 

衣(服装)

エアコンによる温度差は、自律神経を乱し冷えを招きます。

衣服でこまめに温度調節することは、シンプルですが大事な冷えの対策になります。

体熱は上の方に行きやすいので、上半身よりも下半身を温める服装が良いです。

また、首、手首、足首を冷やさないように。

首のつく部分は近くに血流の多い動脈があるので温度の変化を受けやすいです。

そして、腸や子宮があるお腹を温めることは重要です。夏でも腹巻は優れものですね。

 

食(食べ物 食べ方)

冷たいものを避け、なるべく常温または体温以上のものをとるようにしましょう。

食品には体を温める陽性食品と体を冷やす陰性食品、その中間の食品があります。

陽性食品には、ニンジン、かぼちゃ、玉葱、肉、豆類など、

陰性食品にはキュウリ、レタス、バナナ、スイカ、メロン、パイナップルなどがあります。

傾向としては、根菜、赤や黒の色の濃い物には陽性食品が多く、葉物野菜、南方産の果物、色の白っぽい食品には陰性食品が多いです。

ショウガは生のものでは身体を温める作用はほとんどありません。

ショウガを蒸して干した乾姜は体を温めてくれます。

食べすぎも、血液が胃腸に集まってしまい、筋肉やほかの器官の血流が減って冷えの原因になります。理想はやはり腹八分です!

腸内環境を整えることも大切です。

腸は生きた発酵器官のようなもので、食べたものが腸内細菌の影響で発酵して熱が産生されます。

それによって腸内温度が適度に保たれ、お腹が温かくなります。

お腹が温まると体全体が温まります。

善玉腸内細菌を増やして腸内環境を整えて、冷えを予防しましょう。

 

住(生活習慣)

適度な運動は筋肉を鍛えるためにも、自律神経を整えるためにも効果的です。

時間がある時は半身浴もよいですね。

簡単にできるものとして、腹式呼吸が効果的です。

体の緊張状態をほぐし血のめぐりがよくなります。

 

冷えは万病のもと。すべての病気のもとは冷えと言っても過言ではありません。

言い換えれば、冷えを解消して体が温まると、不調を寄せ付けない体になります。

冷えた体は短期間では改善できません。

冷えの本番の冬になって気をつけても、その場しのぎの対策しかできません。

「冬病夏治」という言葉がありますが、冬に多い病態は夏に治しましょう、という意味です。

夏の今こそ、冷えを解消する絶好のチャンスです。

 

 

冷えは万病のもと ~アトピー性皮膚炎も冷えに注意~

7月も後半に入りました。

梅雨寒の日もありましたが、湿度が高いので除湿のためにエアコンを使用することが多くなりました。

この時期、職場などでエアコンが効きすぎて冷えてしまう、というお話をよく聞きます。

 

冷えは万病のもと、とよく言いますが、
“冷え”は頭痛、肩こり、便秘、不眠、だるさ、など様々な不定愁訴の原因になりますし、自然治癒力、免疫力を低下させるので、ありとあらゆる病気に関係します。

 

体温が一度下がると免疫が約30%低下すると言われています。

体温が低いと免疫細胞が体の隅々までたどり着かないし、活発に働いてくれないのです。

 

そもそも“冷え”とは何でしょう?

冷えと言っても、原因によっていくつかのタイプがあります。

 

① 全身が冷えている

身体全体の代謝が低下して、身体を温める力が不足しているタイプです。

食べ物から栄養素を取り込み、その栄養素をエネルギーに変えることを代謝と呼びます。

その時、熱エネルギー(体熱)も産生されます。

体の基礎代謝の約40%を筋肉が占めているので、筋肉量が低下すると体熱を作り出す力が弱ってしまいます。

高齢者や筋肉量が少ない女性などに冷えが多い理由が分かります。

 

② 血流が悪い

血液には体の細胞に必要な栄養素や酸素を運び、老廃物を処理器官に運ぶ役割がありますが、産生された体熱を全身に運び体を温める働きもあります。

そのため、血液のめぐりが悪かったり、血液の量が不足すると冷えが生じます。

自律神経は血管を広げたり縮めたりして血流のコントロールをして体温を調節する働きがあるため、自律神経のバランスが乱れると血流が悪くなり冷えます。

また、熱は上部に向かいやすいので、顔の方は火照るのに下半身は冷えるということも起こります。

自律神経はホルモンバランスとも関係が深いので、女性はこの点でも冷えになりやすいようです。

 

③むくみによる冷え

身体の水分代謝が悪いと冷えの原因になります。

身体に水が溜まっていれば温めるのが大変で冷えてしまいます。

むくみの原因はいろいろありますが、胃腸が弱ったときも消化吸収の働きが悪くなり、身体に余分な水分がたまります。

また、冷えによって水分の代謝が更に悪くなりますから、このタイプは冷えが悪化しやすいです。

 

“冷え”とアトピー性皮膚炎

冷えは万病のもと。

アトピー性皮膚炎にも冷えが関わっていますが、意外に知られていない気がします。

かゆみが強い時はクーリングしてね、と言われることはあっても、体の中から温めましょう、と言われることは少ないのではないでしょうか?

でも、アトピー性皮膚炎の患者さんによくお話を聞くと、体の表面は火照っていても、お腹など身体の中は冷えを感じている方が多いです。

冷えと皮膚炎の関係ですが、
身体の中が冷えていると頑張って温めようとしますが、産生された体熱は熱の性質上、体の上の方や体表面(皮膚)の方に向かいやすくなります。

身体の冷えがひどいとかえって体の表面に熱症状がみられるという感じです。

また、体内が冷えると血流が悪くなり、代謝も落ちて、血液や水分は老廃物が溜まり汚れてしまいます。

その汚れた血液や水分も熱の影響で上部や体表面(皮膚)に向かうことでさらに皮膚に炎症が起きやすくなりのだと思います。

そのほか、体の中の冷えがあると内臓に熱を集中させようとして、末梢や体の表面に血流が足りなくなり、末梢や皮膚の表面が炎症反応を起こすことで熱を出そうとする、という考え方もあるようです。

ただ、アトピーの治療では、身体に冷えがあっても、炎症がひどく体表の皮膚に熱がある場合は、まずそれを落ち着かせる必要があります。

そして体表の熱がおさまってきたら、次は身体の中を温めることが必要になってきます。

 

皮膚は内臓の鏡。

皮膚がきれいになる事はもちろん大切ですが、本当に健康な皮膚と体になるためには、体内の解毒作用と老廃物の排泄がきちんとできるようになることが重要です。

冷えによる体内の老廃物の蓄積、水分代謝の悪化を起こさないように、注意が必要ですね。

 

快食、快眠、快便、そして快温も健康の基本です。

 

 

四方山話 ~自然治癒力~

じめじめしたお天気が続いています。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

 

今年は梅雨らしい天候を通り越して、九州など災害級の豪雨になってます。

そういえば、昨年も西日本に豪雨の災害がありました。

明らかに、自然が、地球が、おかしくなってきている・・・

環境問題に特に興味がないという方でも、さすがにそう思ってしまうのではないでしょうか?

 

自然といえば・・・えなのさとクリニックのホームページやブログに、“自然治癒力”

という言葉がよく出てきます。

これは人間が生まれながらにして持っている治る力。

“免疫力”とも言います。

 

人には“先天の気”と“後天の気”があると考えられています。

当院の診療の中でもよくお話をしますが、生まれ持った生命力、エネルギーを“先天の気”といいます。

これは体質のような感じで人それぞれですが、自分の体に合った食生活、健康的な生活を送ることで日々エネルギーを蓄えることが出来ます。

これを“後天の気”といいます。

先天の気を減らさずに後天の気を蓄えることで、その人の自然治癒力もうまく引き出すことが出来ます。

 

では、この自然治癒力が低下する原因は何でしょうか?

まずは、老化、ストレス、食生活の乱れ、腸内環境の乱れ、肉体疲労、寝不足、気の流れ(自律神経)の乱れ、冷え、などがあげられます。

 

老化以外はアトピー性皮膚炎など慢性の皮膚疾患の悪化因子としてもよく言われているものです。

“皮膚は内臓の鏡”なので、皮膚を整えるためには、内臓も整えていくことが大切です。

まずは、腸です! 腸内環境は皮膚にはとても重要です。

 

でも、“冷え”に関してはあまり知られていない気がします。

“冷えは万病のもと” 皮膚の病気も同じです。

が、冷えに関しては次回お話したいと思います・・・

 

豪雨のニュースから、自然の力、自然治癒力・・・と思いつくままに書き連ねてしまいました・・・

 

 

人間は精密機械ではなく、自然の一部です。

自然がおかしくなっている時は、必ず自然からの何かメッセージがあるはず。

体がおかしくなっている時は必ず体からのメッセージがあるはずです。

そのメッセージを見逃さないようにしていきたいですね。

 

最後に、

“対症療法”ということに関して、ある方が“これは殴ったら殴り返すということですね”とおっしゃっていました。

妙に納得してしまいました。

個人的には、理由によっては?殴られたら一度は殴り返すのもありなのかなと思います。

でもそれで解決しないなら、冷静になって”何がいけないの?“と考えてみなければいけないと思います。

 

 

腸と腸内環境のお話 ~腸は人体の最大の免疫器官~

梅雨入りしてから、お腹の調子が悪いという訴えの方が増えてきました。

それ以外の方でも、不調の原因を探ると腸内環境の乱れている方が多いようです。

リーキーガット症候群の回でお話したように、腸内環境は心身の健康にとても影響があります。

腸と腸内環境について見直してみましょう。

 

腸は人体の最大の免疫器官

腸の働きとして、消化、吸収、排泄はよく知られていますが、それに加えてとても重要なのが免疫です。

免疫とは体内に入ってきた異物(病原菌やウイルス、毒素、有害物質)をブロックしたり解毒して、体内で悪さをしないように排除する働きです。

腸には体内の免疫細胞の約7~8割が存在していて、腸内に食べ物と一緒に入ってきた異物を素早く認識して排除してくれています。

腸は人体で最大の免疫器官なのです!

 

腸は「第二の脳」

腸は脳からの指令がなくても自分で判断して24時間活動しています。

腸などの臓器を動かしているのは自律神経といい、腸と自律神経は密接なつながりがあります。

さらに、腸は体の中にあるドーパミンの50%、セロトニンの90%を生成しています。

ドーパミンは快楽を与える神経伝達物質、セロトニンは幸福感、安心感につながる物質といわれています。

こうしたことから、腸は「第二の脳」ともいわれています。

腸内環境が悪化し腸の働きが低下すると、免疫力の低下につながり、風邪をひいたり病気になりやすくなりますし、心の状態にも大きく影響します。

 

腸内環境とは

腸の中でいろいろな働きをするのが腸に生息する腸内細菌です。

腸内環境はこの腸内細菌によって左右されます。

腸内細菌は100兆個から1000兆個(重さ約1㎏)あるといわれており、人によい影響を与える善玉菌、悪い影響を与える悪玉菌、善玉菌と悪玉菌のうち優勢な方へなびいて働く日和見菌があります。

腸内環境はこれら3つの腸内細菌のバランスで決まり、善玉菌が優勢に働いている状態が良い腸内環境となります。

一般的には善玉菌3割、悪玉菌1割、日和見菌6割といわれています。

そして善玉菌の代表格が乳酸菌です。

 

腸内環境を整えるには

重要なポイントは善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やす方法としては乳酸菌を摂取すること、そして腸そのものを整える生活習慣です。

適度な運動、十分な睡眠、規則正しい食生活を心がけましょう。

(食生活の改善に関してはリーキーガット症候群の回で少しお話しております)

 

人の心や身体の健康は腸内細菌によって左右されていると言っても過言ではありませんね。

 

当院では2種類の乳酸菌製剤のサプリメントを扱っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

“リーキーガット症候群 ~腸もれ~”って何?

皆さん、“リーキーガット症候群”という言葉を聞いたことがありますか?

リーキーは漏れるという意味を持つ動詞leakの形容詞leaky。ガットは英語でgut、腸という意味。

つまり、“腸もれ”です。

腸の内側は粘膜で覆われ、外界から侵入する異物がはいらないようにバリア機能が備わっています。

その腸の粘膜の細胞と細胞の隙間が広くあいて、腸の中を流れる未消化の栄養素や異物(細菌、ウイルス、毒素など)が腸管から血中に漏れ出す病態のことをリーキーガット症候群と言います。

日本語では“腸管壁浸漏症候群”というそうです。

程度の差はありますが、日本人の約7割が陥っているのではと言われています。

 

リーキーガットが関連する症状

漏れ出した栄養素や異物は体のいろいろな所に運ばれて、様々な体と心の不調の原因となっています。

肝臓にたまれば疲労感や倦怠感、皮膚では肌荒れやアトピーなどのアレルギー症状、鼻では鼻炎、気管支では喘息、筋肉や関節で痛みを生じたり、脳にたまると認知症やうつの原因にもなります。

肥満、糖尿病などの生活習慣病、血管障害、がん、その他様々な症状との関連が言われています。

最近よく耳にする遅発型フードアレルギーにも関連があるようです。

リーキーガットは急激な症状であらわれなくても、じわじわと身体に悪影響を与えるのが怖いところです。

 

リーキーガットの原因

リーキーガットの主な原因は、腸内細菌叢のバランスの崩れ、腸内細菌の総量の減少、身体のバランスの崩れで腸粘膜細胞の再生がうまくいかなくなる、などです。

それらは過食、偏食などの食生活の乱れ、不規則な生活、精神的ストレス、鎮痛剤、抗生物質などの薬の服用が原因となります。

精製された砂糖や小麦は腸粘膜を傷つける悪玉腸内細菌の大好物です。

食品添加物や残留農薬、汚染物質も腸粘膜のバリア機能を乱す誘因となります。

 

リーキーガットの治療法

まずは食生活の改善です。

一般的には、添加物、加工食品などを避け水溶性食物繊維を多くとる、炭水化物や甘いものを食べすぎない。

発酵食品、亜麻仁油やえごま油などオメガ3系脂肪酸の摂取を心がける。

人によっては、アレルギーが関与して腸に負担をかけている食品もありますのでその検討も必要かもしれません。

そして、ストレスや睡眠不足の解消は重要です。

腸粘膜を保護したり、腸管の機能を改善したり、善玉腸内細菌を増やすような漢方薬などのお薬やサプリメントを併用されるとより腸内環境が整いやすくなります。

腸内環境は多くの症状と関連がありますが、特に皮膚疾患、アトピーや難治性の湿疹、蕁麻疹などは関連が強い印象があります。

腸は外界から入ってきた食物の通り道なので、身体の内側にありますが、外部から刺激を強く受けるという面では皮膚と同様です。

一度しっかり食生活や腸内環境を見直すと、一石二鳥、いやそれ以上だと思います。