母と子の外来/女性外来/心療内科/漢方・ホメオパシークリニック(茗荷谷駅スグ)
〒112-0012文京区大塚3-1-10ラ・ネージュ小石川206号
TEL/FAX 03-5976-3065
漢方・ホメオパシー

えなのさとクリニック

Q&A

よくあるご質問と答え

Q1 母と子の外来、女性外来とありますが、母子と女性に限定しているのですか?
A1 えなのさとクリニックを最初開業したころは限定させていただいておりましたが、今ではご家族の方に広まって、老若男女、生まれたての赤ちゃんから90歳代の方まで幅広い患者さんがいらっしゃっています。ご主人、息子さん、おじいちゃんなどの受診希望者が増え、今では男性の患者さんもたくさんいらっしゃいます。
Q2 ホメオパシーの処方を希望ですが、その場合はえなのさとクリニックと医療コンシェルジュえなのさとのどちらを受診した方がいいでしょうか?
A2 健康保険をお使いになられるのなら、保険診療をお受けください。診察自体は保険で行います。ホメオパシーが適応の病態に対して、ホメオパシーを処方し、別途レメディ代を頂きます。
健康保険をお持ちでない方は医療コンシェルジュえなのさとを受診ください。自費診療でホメオパシー等の処方を行います。
Q3 保険の診察(再診、初診)と救急外来の違いは何ですか?
A3 一番大きな違いは、保険の診察では体全体の調子を拝見して、病気の本当の原因を見つけていきます。それに比べて救急外来では症状だけを診てひとまず押せえる対症療法だけを行っております。救急外来を受診されて一旦症状が治まっても、本当の病気の治癒まで至ってない場合が往々にしてありますのでご注意ください。
Q4 漢方・ホメオパシークリニックとありますが、普通の保険薬は処方してもらえるのでしょうか
A4 もちろん必要な時には、必要なだけ保険で処方いたします。